風呂のれん|オリジナルのれんのオーダー製作!飲食やイベント、日除けにお風呂、目隠しなど様々なシーンの暖簾を作成します。

注目度UPのオリジナルのれん製作は当店で!のれん工場

風呂のれん、お風呂場の入り口にのれんを飾れば目隠しもできて雰囲気も出ます!

風呂のれん

銭湯や温泉などの間仕切りや目隠しとして利用されることの多い風呂のれんも弊社では、お客様のオリジナルデザインで激安作成することが可能です。どんなサイズやデザインでも承りますのでお気軽にご相談ください。

おすすめ素材について

風合いのある素材が人気です

銭湯や温泉などで利用されることの多い風呂のれんは、やはり基本的には目隠し用として利用されるアイテムですので、向う側が透けにくい、厚手の10番天竺やかつらぎなどの綿素材が人気があります。柔らかく自然な風合いが出せるのも、綿素材の特徴です。

おすすめ生地一覧はこちら

風呂のれんのサイズについて

定番サイズ:ヨコ90cm、タテ100cm~150cm

誰でも一度くらいは必ず目にしたことがあるかと思います風呂のれんの場合も、やはり間口のサイズに合わせることが基本とされておりますため、横幅は90センチ程度でオーダー製作が多いかと思います。ただし、これはほんの一例であり、銭湯などの入り口に設置する場合はその店舗サイズに合わせて作成いたしますので、お気軽にお申し付け下ればと思います。

サイズ一覧 >>

部位について

部位について

のれん棒
:その名のとおり、のれんを掛ける際に使用する棒のことをいいます。弊社では、お客様のご要望に合わせて、これもご用意することが可能となっておりますので、お気軽に、担当スタッフまでご相談ください。
ちち
:ちちとは、のれん上端に一定間隔で取り付けられた、横棒を通すための輪っか状の部分のことを言います。このちちがあるタイプを関東風と言い、このちちがなく、上端が棒袋仕様となっているタイプを、関西風と言います。
巾(スリット)
:これはオリジナルのれんの切れ込みのことを言います。ちちタイプの場合は、ちちが取り付けられる増したにこのスリットが入るのが基本となっておりますが、弊社ではこの数も、お客様のお好みに合わせることが可能です。
素材から選ぶ
用途から選ぶ
印刷方法から選ぶ
ピックアップ特集
オリジナルのれん製作について
デザインについて
諸費用について
会社情報