楽屋のれん|オーダーのれんを激安価格でオリジナル製作いたします。単色名入れからフルカラー印刷まで、ご希望通りに暖簾作成いたします。

注目度UPのオリジナルのれん製作は当店で!のれん工場

楽屋のれん、ごひいきの役者さんへのプレゼントに名前入りの楽屋のれんはいかがでしょう?

楽屋のれん

楽屋のれんは基本的には、舞台俳優さんなどにファンの方々から贈られるプレゼント的な要素が強いアイテムです。そのため気持ち込めた逸品になるよう、単色からフルカラーまで、どんなご注文でも的確対応いたします。

素材について

高級品も制作可能です

楽屋のれんの場合、予算によっておすすめの生地素材が変わってきますが、高級品をお求めの場合は綿素材、コストを抑えたい場合はポリエステルとなります。ただし、フルカラーデザインを鮮明に表現されたいのでしたら、ポリエステル素材のほうが向いています。

素材の価格帯一覧はこちら

サイズについて

定番サイズ:ヨコ90cm、タテ100cm~150cm

楽屋のれんとはその名の通り、舞台役者などの楽屋の入り口に設置するためののれんです。そのためやはり間口のサイズに合わせて製作されることが多く、横幅は90センチ前後となります。また丈は楽屋内の目隠しにもなるよう、多少長めにオーダー作成されることが多く、一般的には100~150センチ程度が定番となっております。

サイズ一覧 >>

部位について

部位について

ちち:

関東風(共ちち)と、関西風(棒袋)の2種類があり、お好みでお選び出来ます。

なお共ちちの場合は、幅のご指定出来ます。

巾:

のれんの割れ数の事です。設置場所やご利用用途、お客様のご希望により、巾数は変化致します。

のれん棒:
のれんをかける棒の事です。

楽屋のれんを作成されたお客様の声

まずは、楽屋のれんのオーダー作成を思い立った経緯をお聞かせ下さい。

>娘への贈り物ですね。舞台女優になると家を出て、先日、ようやく控室をもらえる様になったと言うので、親として何かできないかと考え、それでお願いしました。

そうなのですね。デザインに入ったあの花は、娘様が好きな花なのですか?

>えぇ、娘も私も好きですね。カンゾウは季節になるとこの辺に咲く花なんですよ。少しでも故郷を思い出してもらえたらと思いまして。あと、楽屋の前に飾るのれんなので、華やかな方が良いと思いましたし。

黄色の色彩なので華やかさがあり、楽屋のれんに良く映えていましたね!

>そうですよね!あんなに綺麗に表現できるとは思いませんでした。娘も懐かしいと非常に喜んでいましたので、贈って良かったです。

生地には化繊を提案させて頂きました。それについてはいかがでしたか?

>暖簾生地を選べるとは思いませんでしたし、綿生地なら長く使えると聞いたので、それもいいかと思いましたけど、まだまだ若手ですしね。これからも成長していかなければならない身分ですから、そうした意味も込めて、化繊を選びました。一つ一つ、成長するごとに新しいのを贈ってあげたいと思っています。

素敵な話ですね。化繊生地を選んだ背景には、そうした想いがあったのですね。お客様には、チチやのれん棒に関してもお問い合わせ頂きました。何か理由があったのでしょうか?

>チチについては、棒袋という物がよく分からずお聞きしました。そこで私が普段見ているものは、共チチと呼ばれる物であると知り、今回はそちらでお願いしました。のれん棒に関しては、付いているのかな?と疑問に思いまして、お聞きしました。聞いておいて良かったです。娘を困らせるところでした。

それでは最後に当店をご利用された感想などございましたら、お聞かせ下さい。

>失礼な言い方かもしれませんけど、思っていた以上に良い物が出来るのだなと思いました。オリジナル製作とか、オーダーメイドでの作成と言うと、もっと高価な物を想像していましたし、お見積りを頂いた価格で本当に出来るのか?どんな物が出来るのか?と気になっていましたから、本当に驚きました。

楽屋のれんのオーダー作成は、想像以上に敷居の低い物です。確かに贔屓にしている役者さんや落語家さんなどに贈る物なので、迷惑になるような粗悪な品を贈る訳には行きませんから、品質は重要です。

楽屋のれんに限らず、ご紹介致しましたお客様の様に、お問い合わせやお見積りの段階では、思ったよりも安い激安価格に、オリジナル作成やオーダー製作に不安を覚える方も少なからずいらっしゃいます。

その為、当店のスタッフはお客様のご不安やお悩みが出来るかぎり解消するよう、丁寧な対応を強く意識し、安くて品質の高いオリジナルのれんをご提供できる様に心掛けております。

素材から選ぶ
用途から選ぶ
印刷方法から選ぶ
オリジナルのれん製作について
デザインについて
諸費用について
会社情報