飲食店用のれん|オリジナルのれんのオーダー製作!飲食やイベント、日除けにお風呂、目隠しなど様々なシーンの暖簾を作成します。

注目度UPのオリジナルのれん製作は当店で!のれん工場

飲食店用のれん、お店の顔ともいえるのれんはこだわって作りたいですよね!

飲食店用のれん

飲食店用のれんは、基本的にはお店の入り口に設置するものであり、言わばその店の顔ともなるべきものですから、アイキャッチ効果の高いイメージ通りの逸品を、丁寧に精巧に、特注制作させていただきます。

おすすめ素材について

綿素材が人気です

飲食店用としてオリジナルのれんを特注制作される際、やはり人気がございますのは綿素材になります。昔ながら自然な風合いが醸し出せる綿素材の中でも、価格重視でしたら天竺やシャークスキン。品質重視でしたら、スラブクロスやブッチャーがおすすめです。

おすすめ生地一覧はこちら

飲食店用のれんのサイズについて

定番サイズ:ヨコ180cm、タテ70~80cm

飲食店用の店頭暖簾の場合、基本的には間口に合わせて製作されることがほとんどとなります。日本の建築物は、間口が90センチ前後で作られており、またこういったアイテムが使用される引き戸は二枚であることが多いため、90センチ×2で、横幅の長さは180センチ前後で特注作成されます。また丈は70~80センチ程度がおすすめです。

サイズ一覧 >>

のれんの部位について

部位について

のれん棒
:その名のとおり、のれんを掛ける際に使用する棒のことをいいます。弊社では、お客様のご要望に合わせて、これもご用意することが可能となっておりますので、お気軽に、担当スタッフまでご相談ください。
ちち
:ちちとは、のれん上端に一定間隔で取り付けられた、横棒を通すための輪っか状の部分のことを言います。このちちがあるタイプを関東風と言い、このちちがなく、上端が棒袋仕様となっているタイプを、関西風と言います。
巾(スリット)
:これはオリジナルのれんの切れ込みのことを言います。ちちタイプの場合は、ちちが取り付けられる増したにこのスリットが入るのが基本となっておりますが、弊社ではこの数も、お客様のお好みに合わせることが可能です。
素材から選ぶ
用途から選ぶ
印刷方法から選ぶ
ピックアップ特集
オリジナルのれん製作について
デザインについて
諸費用について
会社情報