目隠しのれん|オリジナルのれんのオーダー製作!飲食やイベント、日除けにお風呂、目隠しなど様々なシーンの暖簾を作成します。

注目度UPのオリジナルのれん製作は当店で!のれん工場

目隠しのれん、目隠しにも優秀なのれんでオシャレに空間を仕切ってみませんか?

目隠しのれん

店内の間仕切りや目隠し用のオリジナルのれんもご用意させていただきます。無地のままでサイズだけを指定していただくことも可能ですし、もちろん名入れも激安価格で承ります。是非ご活用ください。

おすすめ素材について

綿素材が人気です

飲食店などの店内を仕切りたいときなど、間仕切りとしてのれんを使用されたいのでしたら、先染めの綿素材がおすすめです。もちろん名入れも格安ですることが可能ですが、無地のままで使用されるお客様が多いかと思います。

おすすめ生地一覧はこちら

目隠しのれんのサイズについて

定番サイズ:ヨコ85cm、タテ70cm~200cm

目隠しのれんとは、飲食店などの厨房と客席などをつなぐ間口を仕切るために使用されることの多いアイテムですので、やはり間口のサイズに合わせて横幅は、85センチ程度でオーダー製作が多いかと思います。また丈は、どういった箇所に設置するのかにもよって大きく変わり、短いものでは70センチ程度から、長いものだと200センチに達する場合もございます。

サイズ一覧 >>

部位について

部位について

のれん棒
:その名のとおり、のれんを掛ける際に使用する棒のことをいいます。弊社では、お客様のご要望に合わせて、これもご用意することが可能となっておりますので、お気軽に、担当スタッフまでご相談ください。
ちち
:ちちとは、のれん上端に一定間隔で取り付けられた、横棒を通すための輪っか状の部分のことを言います。このちちがあるタイプを関東風と言い、このちちがなく、上端が棒袋仕様となっているタイプを、関西風と言います。
巾(スリット)
:これはオリジナルのれんの切れ込みのことを言います。ちちタイプの場合は、ちちが取り付けられる増したにこのスリットが入るのが基本となっておりますが、弊社ではこの数も、お客様のお好みに合わせることが可能です。
素材から選ぶ
用途から選ぶ
印刷方法から選ぶ
ピックアップ特集
オリジナルのれん製作について
デザインについて
諸費用について
会社情報